スポンサーリンク
シリーズ・タイトル特集・コラム

【軌跡シリーズ】順番とおすすめ順ランキング【はじめはどれからが良い?】

シリーズ・タイトル

2004年から始まり、これまでに10作品以上のソフトが発売されている軌跡シリーズ。数が多い上にタイトルが「○○の軌跡」という形になっていて発売順が分かりづらいため、どれから手を付ければいいか迷っている方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では軌跡シリーズのタイトルを発売順に整理したうえで、シリーズ初心者が手を付ける際の「おすすめ作品ランキング」をお届けします

また、シリーズ間におけるストーリー・キャラクターの繋がりにも触れていくので、そちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

軌跡シリーズのタイトル一覧を紹介

まずは、これまでの軌跡シリーズについて、全タイトルを発売順に記載します。

発売日タイトル
2004年6月24日空の軌跡FC
2006年3月9日空の軌跡SC
2007年6月28日空の軌跡the 3rd
2010年9月30日零の軌跡
2011年9月29日碧の軌跡
2012年7月26日那由多の軌跡
2013年9月26日閃の軌跡I
2014年9月25日閃の軌跡II
2016年8月31日暁の軌跡
2017年9月28日閃の軌跡III
2018年9月27日閃の軌跡IV
2020年8月27日創の軌跡
2021年9月30日黎の軌跡
2022年秋予定黎の軌跡II

今後発売が決まっているタイトルも含めると全14作品です。

非常に数が多いので、次の見出しではシリーズの時系列やタイトルごとの関連性を簡単に説明しながら整理していきます。本題へと入る前に一度目を通してみてください。

↑遂に発売日が2022年9月29日と発表された『黎の軌跡Ⅱ』はこちらから詳細確認&予約も可能です♪

スポンサーリンク

軌跡シリーズの時系列とストーリーの関連性について

軌跡シリーズは「ゼムリア大陸」という共通の世界を舞台に展開されており、1作目から最新作まで通しても、作品内では6年程しか時間が経っていません

ゼムリア大陸の中で舞台となる「国」は作品ごとに変わっていますが、大枠のストーリーは繋がっており過去作のキャラクターも出続けます。そのため、1作目から順にプレイしていった方がストーリーは理解しやすいです

ただ、「それなら1作目から順にプレイするのがおすすめなの?」と聞かれると、そうは言いづらいのが軌跡シリーズの難しいところ。

軌跡シリーズはタイトル数が非常に多く、1作目から最新作まで全てをクリアするには500時間程度かかるでしょう。

作品によっては過去作との繋がりが比較的薄いものもあるので、そのあたりも加味しながらおすすめタイトルを考えていきます。

スポンサーリンク

軌跡シリーズ初プレイに選ぶべきおすすめタイトルの候補

軌跡シリーズはこれまでに全13本発売されていますが、2〜4部作になっている作品もあります

連作になっているものを途中からプレイするのは全くおすすめできません。そのあたりを考えると、シリーズ初プレイに選ぶ候補は以下の5つに絞れます(発売順に記載)。

初プレイ候補となる軌跡作品5シリーズ
  • 1.空の軌跡シリーズ(FC → SC → the 3rdの順)
  • 2.零(ぜろ)の軌跡 → 碧(あお)の軌跡
  • 3.閃の軌跡シリーズ(I~IVの順)
  • 4.創(はじまり)の軌跡
  • 5.黎(くろ)の軌跡

時系列は上から下へ全て繋がっていますが、タイトルが変わる度に舞台となる場所が変わったり主人公がチェンジしたりするので、1~5のシリーズ番号が1つの区切りと言っていいでしょう

この5つある候補作品の特徴については、この後の見出しでたっぷりお届けします。

初プレイにはおすすめしない軌跡シリーズのタイトル

以下のタイトルについては、おすすめ候補から除外しました。

初プレイにはおすすめしない軌跡作品
  • 暁の軌跡
  • 那由多の軌跡

『暁の軌跡』はオンライン専用のブラウザゲームで、『那由多の軌跡』は他作品と世界観の繋がりがない派生作品です。いずれもプレイする優先度が低いため、候補から外しています。

『暁の軌跡』は『碧』から『閃』にかけての時系列が描かれており、各シリーズのキャラが集合している作品。プレイするにしても何作か触った後がいいでしょう。

『那由多の軌跡』は他作品との繋がりがないため、興味のある方は好きなタイミングでプレイして大丈夫です。他とは違いジャンルが「アクションRPG」なので、その点は注意してください。

軌跡シリーズをどれからプレイする?初プレイにおすすめの作品ランキング

いよいよ本題です。上で紹介した5つの候補から、初プレイにおすすめする作品をランキングで発表します。

5位:創の軌跡(4シリーズ目)

作品数1本
対応ハードPS4、Switch、PC
DLC

5位は『創の軌跡』。一応初プレイの候補には入れましたが、正直あまりおすすめしません

この作品には主人公が3人いて、ストーリーの進行に合わせて切り替えながら進めていく形式になっています。その3人の主人公には、2シリーズ目『零』・『碧』の主人公と、3シリーズ目『閃』の主人公が入っているので、実質過去作の続きです。

人によっては『創の軌跡』をプレイしてから過去作へ遡るといった楽しみ方も可能でしょう。ただ、初プレイではシナリオが理解できないと思うので、別の作品から入るのが無難です。

4位:閃の軌跡(3シリーズ目)

作品数4本(I~IV)
対応ハードPS4、Switch、PC(I・IIはPS3、PSVitaでも発売)
DLC

4位は『閃の軌跡』。I~IVまで続いた大作で、非常に多くのキャラクターが登場します。

メインキャラは前作から一新されていて舞台となる国も変わっているので、I・IIまでは過去作との繋がりがほぼ気になりません

しかし、ストーリーが進むにつれて次第に舞台が広がっていき、III以降は他の国も巻き込む騒乱に巻き込まれることになります。そのタイミングでは過去作のキャラクターも集合するので、『空』や『零』などを事前にプレイしていた方が楽しめるでしょう

3位:空の軌跡(1シリーズ目)

作品数3本(FC・SC・the 3rd)
対応ハードPSP、PSVita、PS3、PC、iOS、Android
DLCPSVita版には有

3位は『空の軌跡』です。「なぜ1作目がおすすめ3位なのか?」と感じた方もいるでしょう。

一番大きな理由は、PS4やSwitchなどの最新ハードで発売されていないからです。仮にリメイクされていれば1位にしていました。

また、『空』のキャラクターは最近のタイトルにおいて、ストーリーにがっつりと関わるような出番が少ないというのも理由の1つです。最新作に登場するキャラクターもいますが、知らなくてもさほど違和感なくプレイできるでしょう。

『零』『碧』『那由多』など、他の軌跡シリーズはPS4で続々とリメイクされているので、筆者の個人的な意見としてはリメイクを待ったほうがいいと感じています

2位:黎の軌跡(5シリーズ目)

作品数1本(2作目が2022年秋発売予定)
対応ハードPS4
DLC

2位に選んだのは、現時点での最新シリーズ『黎の軌跡』。2022年秋には早くもIIの発売が予定されています。

『黎』は「軌跡シリーズ後半戦の開幕」という位置づけになっており、舞台となる国が新しくなりました。また、メインキャラも総入れ替えとなっているので新規ユーザーも非常に入りやすい作りです

開発陣も新規ユーザーの獲得を意識しているのか、フィールド移動でアクション要素が足されるなど、システム的にも大きな変更が加えられています。シリーズ経験者との差を感じにくいタイトルと言えるでしょう。

『閃』のように、続編で少しずつシリーズキャラが集結する可能性は十分ありますが、現時点では初心者にもおすすめしやすいタイトルになっています。

2022年9月29日に発売が決定した続編の予約はこちらからどうぞ!↓

1位:零の軌跡&碧の軌跡(2シリーズ目)

作品数2本
対応ハードPSP、PSVita、PS4、PC
DLCPS4版ではテーマのDLC有

シリーズ初プレイに最もおすすめなタイトルは、『零の軌跡』&『碧の軌跡』です。『零』→『碧』の順にストーリーが繋がっているので、順番を間違えないようご注意ください。

オリジナル版の発売は2010年ですが、現在はPS4でリメイクもされているのでプレイしやすい環境が整っています。

この作品のキャラクターは続編となる『閃』や『創』でも大きく関わってくるので、今後を考えた上でもプレイしておきたい作品です。

唯一気になるとすれば、前作にあたる『空』との関連性について。プレイしないとストーリーが理解できないということはありませんが、『空』のキャラクターはある程度登場してくるので、遊んでいたほうが楽しめるのは間違いありません。

『空』はマンガ化もされているので、ストーリーやキャラクターが気になるという方は、こちらで補完するのもありでしょう

軌跡シリーズの具体的なプレイ順を3つのプランで紹介

初プレイにおすすめの作品紹介は以上ですが、2本目以降のプレイ順を含めたプランもお届けしたいと思います。

考え方によって最適なプランは変わってきますので、ご自身に合ったものをお選びください。

【シリーズ2作目】零の軌跡から順にプレイする

最初に紹介するのは「初プレイおすすめ作品」でも1位とした『零の軌跡』からスタートして、『碧』→『閃』と時系列順に進めていくやり方。筆者の中では最もおすすめのプランです。

唯一抜けてしまう『空』については、「もっと深く知りたい」と感じたタイミングでゲームをプレイするか、マンガを読んで補完すればいいでしょう。

ゲームをプレイするのであれば、比較的新しく発売されたPSVita版かスマホアプリ版を選ぶのが無難です。

【最新作】黎の軌跡をプレイしてからシリーズを遡る

次に紹介するプランは「初プレイおすすめ作品」2位とした『黎の軌跡』からスタートする方法。最新作である『黎』をプレイしておけば、次回作が発売された時にも手を出しやすいのが最大のメリットです。

『黎』を遊んだ後は1つ目のプランに乗っかり『零』からプレイするのがおすすめですが、プレイして気になった過去作キャラがいれば、そちらに手を付けてもいいでしょう。

2022年秋には『黎の軌跡II』が発売予定なので、最新作を追いかけつつ空いた時間で過去作を振り返りたいという方におすすめのプランです。

【シリーズ1作目】空の軌跡からじっくり全作品プレイ

最後に紹介するのは「初プレイおすすめ作品」3位とした『空の軌跡』からプレイするやり方。1作目から順番通り楽しみたい方におすすめの王道パターンです。

シナリオやキャラクター同士の関係性をしっかり理解しながら進められるので、まとまったプレイ時間が取れそうな方には特におすすめのプランと言えます

ただ、数年の間に『空』3部作がリメイクされる可能性はあるのでご了承ください。

軌跡シリーズのおすすめプレイ順まとめ

最後に、この記事の結論を改めて記載します。

初プレイの候補になる軌跡シリーズ(上から時系列順)
  • 空の軌跡シリーズ(FC → SC → the 3rdの順)
  • 零(ぜろ)の軌跡 → 碧(あお)の軌跡
  • 閃の軌跡シリーズ(I~IVの順)
  • 創(はじまり)の軌跡
  • 黎(くろ)の軌跡
初プレイにおすすめの軌跡シリーズランキング
  • 1位:零の軌跡&碧の軌跡(2シリーズ目)
  • 2位:黎の軌跡(5シリーズ目)
  • 3位:空の軌跡シリーズ(1シリーズ目)
  • 4位:閃の軌跡シリーズ(3シリーズ目)
  • 5位:創の軌跡 (4シリーズ目)
軌跡シリーズのおすすめプレイ順
  • 2シリーズ目『零の軌跡』スタートで、その後は時系列順にプレイ
  • 5シリーズ目『黎の軌跡』スタートで、その後は『零の軌跡』から順にプレイ
  • 1シリーズ目『空の軌跡』スタートで、全て時系列順にプレイ

1作目が最新ハードで発売されていないことや、全作品プレイすると膨大な時間がかかることもあり、軌跡シリーズは時系列順に最初からプレイするのが最適とは言い切れない状態です

シナリオを完全に理解したいかどうか、プレイ時間がどの程度確保できるかといった事情は人によって違ってくるはずなので、ご自身に合ったプランをそれぞれ選んでみてください。

この記事を読んで、軌跡シリーズのファンが1人でも増えてくれれば大変嬉しいです。

コメント

  1. ファン太郎 より:

    零/碧からやるのはクロスベルマラソンで初心者の心が折れる気がします。。。
    あと、前シリーズ(空の軌跡)の超重要キャラが序盤から登場する上、前作を踏まえた感動展開になってます。
    零/碧から始めると、非常にもったいないです。

    おすすめは、前シリーズとの関係がほぼない「閃の軌跡1~2」をプレイし、ハマれば「空→零/碧→閃3,4→創→黎」がいいと思います。
    軌跡シリーズの醍醐味の一つであるストーリーの繋がり要素を、全て堪能することができます。

タイトルとURLをコピーしました